井上 裕平

Inoue Yuhei

ハッピートライアングル竹ノ塚、所長

2018年入社

ジュニア教育スタッフインタビュー

もっと多くの子どもたちにサービスが届けられるようにしたいと思います。

現在の仕事内容を教えてください。

ハッピートライアングル事業は、子どもの療育支援です。子どもたち1人ひとりに合わせた活動を提供して、子どもたちの発達を促すような支援をしています。
形の大きさがわからないお子さんだったら、形のマッチングに関する課題を準備したり、友達との関わり方がわからない子には「ソーシャルスキルトレーニングというコミュニケーショントレーニングを取り入れたりと、さまざまな活動を行っています。

入社のきっかけを教えてください!

私はそれまで心理士として子どものスクールカウンセラーをしていたんですが、子どもの発達障害が話題にあがることが多くて、そういう子たちに何かサポートできないか?と考え、30歳の区切りがいい歳に転職活動をして、ベストリハを見つけて転職しました。

ベストリハはどんな会社ですか?

若くて活気がある会社ですね。部門関係なくかかわれて、とても楽しい会社です。ベストリハらしさといえば、若い会社なだけあって、自分のやりたいことがあったら、なんでもできるところ。上司と部下の垣根がないです。会議も割と楽しかったりするので、それが良いところです。

将来の目標は?

ハッピートライアングルという事業が、もっと多くの子どもたちにサービスが届けられるようにしたいと思います。そのためにはまず、今通ってくれている子どもたちのことを一番に考えて、しっかりと療育を行っていくことだと思います。